ネコに学ぶ?人生100年時代を生き抜くための知恵袋

ネコに学ぶ?人生100年時代を生き抜くための知恵袋

第2回 英国のEU離脱問題。その行方は?

皆さん、こんにちは。

今年の梅雨は大雨の影響などで大きな被害が出ています。
正しい情報を聞いて早めの行動で身の安全を確保してください。

ところで、2019年後半は大変革の年になりそうです。

私が注目しているのは10月末に期限が迫っている
「英国のEU離脱問題」

メイ首相が辞任し、離脱強硬派で知られるジョンソン前外相への
バトンタッチが濃厚な雲行き。
これによりEUと合意せずに離脱することが予想されています。
そうなると・・・
恐らく世界中の経済が影響を受けることでしょう。

でも、リーマンショックの時と違うのは想定内であるということ。
資産運用のポートフォリオをどのように避難させていくのか?
個々の情報分析力と運用会社の腕の見せどころです。

第二次世界大戦後、EUはひとつの国として、

パスポート、ビザ、通関手続きの機能を簡素化してきました。

この歴史を無視してEU離脱を選択する英国。

ホンダを始めとする様々な企業が今後の混乱を考えて
早々に英国から工場を撤退させています。

なぜ、英国は合意が得られないEU離脱に固執するのでしょうか?
そこには根深い移民政策があります。

例えばドイツの選択は、
中東難民を始めとする移民受入れにより経済的な打撃を受けています。

一方、英国の選択は?
大挙してくる移民の受入れを許容するより、
EU離脱で混乱するかもしれないけれど、
新しい国家を作り直すことを選択したわけです。

国益を守ることは大切。
けれど、極端な自国第一主義に陥らないで欲しい。と切に思います。

そして、今日もネコを見習ってストレスと不安のない一日をお過ごしください。

報告する

関連記事一覧