ネコに学ぶ?人生100年時代を生き抜くための知恵袋

ネコに学ぶ?人生100年時代を生き抜くための知恵袋

第4回 アメリカの利下げ&日韓の輸出管理厳格化に見る私達の生活への影響を考える

連日の真夏日で身体は疲れている。
なのに、熱帯夜で睡眠不足・・・。

まだまだ暑い日が続くようです。
水分補給をしっかり摂って、皆様もお身体御自愛ください。

今回、まず気になるニュースは「アメリカの利下げ」

アメリカの政策金利が・・・
ついに!
10年半ぶりに!
利下げを決定しました。

トランプ大統領が強引な指示と共にFRB(米連邦準備理事会)
へ圧迫を続けたことが要因として挙げられています。

本来、政府は中央銀行へ介入してはいけない!!
はずなのに・・・。

そのFRBの下した唯一の抵抗は、
「継続的な利下げに関しては否定したこと」

貿易戦争のリスクを警戒し、景気悪化を未然に防ぐ意図は分かる。
けれど・・・

早速、為替の変動と株価の変動が始まりました。

景気乱高下の余波が来る前に

自分自身の資産を守るための衝撃に備えてください。

次に気になるニュースは、「揉めに揉めている日韓の関係」。
ついに・・・

韓国を「ホワイト国」から除外する閣議が決定しました。
これにより輸出管理が厳格化します。

Q1. そもそも、ホワイト国に承認されるメリットとは?

A1. 輸出先がホワイト国であれば、輸出企業は手続きの
  簡略化などの優遇措置を受けられる。

Q2. どうして韓国が反発しているの?

A2. 輸出管理の厳格化となれば審査対応に手間取り
  輸出が滞る可能性もあるから。

Q3. もう少し突っ込んだ理由は?

A3. 韓国は現在、半導体のシェア世界一であるから。

実はその素材を製造しているのは日本とドイツのメーカー。
特にエアガスの高純度技術は日本の強み。

これまでのように簡易な手続きによる日本からの輸入が難しくなると、

→ 韓国経済は大打撃を受ける

→ 結果、ウォンの暴落へ繋がりかねない。

Q4. そうなったら、私達にどのような影響があるのか?

A4. 経済規模が違うので日本経済に大きな影響が出ることはないでしょう。

本当にニュースをきちんと読み解く情報分析力は
生きていく限り、絶対に必要な知識だと切に思う。

そして、今日もネコを見習って
ストレスと不安のない一日をお過ごしください。

報告する

関連記事一覧